美しさが加速する!美容マガジン

美しさが加速する!美容マガジン

決して見逃すことの出来ない美容に関する情報をご案内しています。
<美しさが加速する!美容マガジン>を参考にして理想的な美容を行いましょう。最近コンビニや100円ショップなどで格安の美容アイテムが販売されていますが、これらはあまりオススメ出来ません。
もちろん中には効果的なモノもあるかと思いますが、出来る限り有名で注目されている美容対策をするようにしましょう。

 

残念なことですが、美容エステや美容クリニックの中には法外な料金を請求してきたり免許無しで営業をしていることもあります。
これら悪質な店舗で施術を受けてしまうと、後々トラブルに巻き込まれてしまうこともあるのでご注意ください。美容という言葉を利用した詐欺的な行為をしている悪質業者が最近になって増えてきています。
雑誌やインターネットなどで「絶対に美しく慣れる」なんて宣伝文句を100%信じて良いワケではないのです。




美しさが加速する!美容マガジンブログ:16/12/21
終戦直後、
ぼくたち一家は、谷中の3軒長屋で暮らしていた。

詳しく言えば、
母親と姉貴とぼくの3人で、
父親は南方戦線からまだ戻っていなかった。

当時の朝方食は、
どの家もたいてい芋粥だった。

お粥の部分は姉貴とぼくが食べ、
母親はいつもサツマイモの部分を拾って食べていた。

まだ小さかったぼくは、
母親はサツマイモが好きなのだと思っていた。

そして11時のご馳走は焼芋である。
外でチャンバラごっこをしていたぼくは、
今まさに新撰組と切り結んでいる最中に、
「やきいもー」という焼芋屋の声がする。

そうなるともう新撰組もない。
ぼくはあわてて家に駆け込み、
無駄でも「焼芋買ってくれ!」と母親に頼むのであった。

サツマイモばかり食べている連日なのに、
なんでまた焼芋かと言えば、
ぼくたちが普段食べていたサツマイモは
「タイハク」とかいう水っぽいものなのだが、
焼芋屋の芋はホントに美味い「キントキ」だったのである。

そんなわけで、
姉貴とぼくはたまに焼芋にありつけるのだが、
母親は決して焼芋を食べることはなかった。

いつも「焼芋は胸が焼ける」「今日は食欲不振」と言って、
焼芋にかぶりつくぼくたちを見てただ笑っているだけであった。

しばらくすると、
お米もちゃんと配給になり、
食パンだって何時間も並べば買えるようになった。

やがて、父親も南方戦線から帰って来て
ぼくたちは長屋を引っ越し、サツマイモなど長屋時代の思い出は
遥か遠いものとなっていった。

姉貴とぼくにお粥を食べさせようとして、
自分はサツマイモの部分を食べていた母親。

そのくせ、お金がないためか自分だけ焼芋を食べなかった母親。
母親は一体、サツマイモが好きだったのか嫌いだったのか…

今年の中秋の名月の日には、
母親の仏前に焼芋でも供えようかとぼくは思う。

ホーム サイトマップ
美しさが加速する!美容マガジン モバイルはこちら